ディノスキッズ

園児募集 | 詳細はこちら
当園について 当園について

[企業主導型保育]事業とは

[企業主導型保育]事業とは

ディノスキッズは、内閣府の定める企業主導型保育事業則り運営しています。

ディノスキッズは、内閣府の定める企業主導型保育事業則り運営しています。

企業主導型保育所とは、内閣府が始めた企業主導型の事業所内保育事業です。わかりやすく言うと「企業が作った保育園」という意味になります。企業主導型保育事業の目的は、男女問わず仕事と子育ての両立をさせることです。働き方改革による多種多様な就労形態を実現することを目的としています。
ディノスキッズは内閣府の定める企業主導型保育事業に則り運営しており、国と札幌市の両方から施設設備のチェックと指導を受けて設立された保育園となります。

[企業主導型保育]事業の特徴

[企業主導型保育]事業の特徴

特徴1
働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できる。
特徴2
働きながら子育てしやすいよう環境を整える。
特徴3
支援の量を拡充させ、待機児童の解消に向け教育・保育の受け皿を増やす。
このように、内閣府の方針により仕事と子育てを両立させ、 ワークライフバランスを整えるための整備を行っています。
このように、内閣府の方針により仕事と子育てを両立させ、ワークライフバランスを整えるための整備を行っています。

お子様の元気に、お父さま、お母さまのストレスのない元気と笑顔も必要です。

お子様の元気に、お父さま、お母さまのストレスのない元気と笑顔も必要です。

今の仕事は好きだけど、子供を預けたい保育園が近くにない。そのような方に、私たちディノスキッズでは、お父さま、お母さまに社会復帰のお手伝いとして、通勤時の負担を軽減できるよう駅の近くに開設し、ご家族皆さまがストレスない生活を送っていただきたいと想います。
仕事をお探しの方は、保育園の隣に当社の仕事場を設けている園もありますので、当社に勤務いただければ育児と仕事を楽しく両立できる理想の環境です。

私たちのポリシー

私たちのポリシー

生きる歓びと感動を共有する

生きる歓びと感動を共有する

昨日よりも今日、今日よりも明日と子どもたちが現在を最もよく生き、未来を作り出す力の基礎が身につくような環境を提供し、子どもたち、保護者、働く一人ひとりがかがやき、生きる歓びと感動を皆で共有したい。その実現のために全力で取り組んでいきます。

私たちが目指しているところ

私たちが目指しているところ

私たちは3つの力をお子様に元気いっぱい楽しみながら、
身に付けて頂きたいと考えております。

  • あいさつのできる子

    あいさつのできる子

    言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたり、相手の話を理解しようとするなど、言葉の豊かさを養うこと。

  • 自信をもって行動できる子

    自信をもって行動できる子

    人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、人権を大切にする心を育てるとともに、自主、自立及び協調の態度を養い、道徳性の芽生えを培うこと。

  • いたわりをもてる子

    いたわりをもてる子

    生命、自然及び社会の事象についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考力の芽生えを培うこと。